タグ:フライ ( 332 ) タグの人気記事

Fresh Water 渓流4 2018.05.29 犀川水系

新規開拓

本当は一つ山を上がった川へ行こうと考えていたけど

そこまで行くのも時間的にもったいないと考え

一回様子を見に行った事がある河川へ目的地変更。

道沿いに見える水量はやはり多い感じ。

車を駐める場所へ行ってみると、車が2台駐まっている。

まぁ朝から入っているなら時間もあいているから大丈夫でしょう。

そんな事を考えながら準備をして川へ向かう。

川の脇にある林道を少し歩くと釣り人の姿。

それもフライマン

仕方なく下流へ下って川へ降りられそうな場所を探し降りてみる。
e0201348_18331946.jpg
初めて入る渓、水量は多いと思われる。

水温は8.4℃ この時期にしてこれは低い。

ポイントがあまりなく、フライを落とすも反応はない。

すぐに堰堤が現れて終了。

まぁこんなもんでしょう。

e0201348_18331906.jpg
久しぶりに珈琲セットを引っ張り出し珈琲を淹れる。

e0201348_18331994.jpg
時にはこんな時間も必要かな。

通りからすぐに入ることが出来る河川は激戦区。

次回は自転車を積んでもう少し上流へ入ってみたい。






[PR]
by snowtrout | 2018-05-29 17:00 | Fresh Water 釣行記 | Comments(0)

Fresh Water 渓流3 2018.05.28 犀川水系

こんなに川へ行かないことはこれまでなかった。

天候の関係もあるけど、体調がいまいちでなかなか川へ行く気が起こらず。

久しぶりに川へ行く気になりいつものチョイ釣りの川へ

偏光を忘れてのに気が付いたが、まぁ何とかなるでしょう。

坂を下って、お目当ての河川が見えてくる辺りに数台の車が


いつもの川に重機が

砂防堰堤と護岸の整備と看板が出ており工事をしている様子。

一気にやる気がなくなる。

とりあえずいつも入るポイントより上流へ入り川へ降りる。

e0201348_07421435.jpg
水量はまだ多いほう、水温は測ってないがちょっと冷たい。

虫っけはめちゃくちゃあり、期待も膨らむ。

狭い沢なのでクモの巣だらけでまともに釣りにならず。

何となく小さい奴らがつついている感じもあるが

はっきりとした反応はない。

ストレス解消ならず。






[PR]
by snowtrout | 2018-05-28 18:00 | Fresh Water 釣行記 | Comments(0)

Fresh Water 渓流2 2018.04.01 天竜川水系

叔母を見送りに。

金曜日に他界した叔母を見送りに地元へ

前日も顔を見に行ってきたけど、また顔を見たくなって。

出棺がお昼過ぎだったので、それに間に合うように家を出て

もう一度顔を見て、見送ってきた。

帰り道、すぐ近くにあるホームグラウンドの川へ

少し気持ちを落ち着かせるために、春の風にあたろう。
e0201348_05414446.jpeg
風が吹いて揺れる花、ピント合わず。

e0201348_05414404.jpeg
水温10.5℃、風が強く正直思うようにフライを着水できない。

水量は多め、魚っけは全くなく走る魚すら見えない。

ほんの20分くらいの休息。

車通りの多い道からすぐに入れるポイントではあるので

朝から何人も釣り人が入っているんだろうな。

桜が咲くのは来週くらいかな。
e0201348_05414576.jpeg
もう少ししたらまた来よう。






[PR]
by snowtrout | 2018-04-01 20:00 | Fresh Water 釣行記 | Comments(0)

Fresh Water 渓流1 2018.03.24 犀川水系

こう暖かいとじっとしてられない。

午前中は近所を子供達と彷徨いて、昼過ぎからちょろっと。

雪がまだ残っているだろう思いながら向かったのはいつもの沢

入渓前に山神様に今シーズンの安全をお祈りして川へ降りる。
e0201348_07265631.jpg
水量は比較的多い、雪も若干残っている。

水温は、4.6℃ 川に入っても冷たさは感じないがちょっと低い。

わずかながら虫の気配はあるが、ライズはもちろんない。

でもやっぱりドライフライを結びたくなる。

とにかく、何かを結んでキャストしたい(笑)

狭いポイントにフライを落としながら釣り上がる。

無反応。

走る魚の姿もない。

昨シーズンからかなり川が変わっている。
e0201348_07265630.jpg
倒木もあちらこちらみうけられた。この場所は先日の降雪時のものっぽい。

いつものショートコースを釣り上がってみたが反応はまったくなし。
e0201348_07265746.jpg
川からあがって林道を下る。

まだまだここの沢は早すぎた。
e0201348_07265770.jpg
魚の姿を見ることが出来るのはいつになることやら。

川に来れて、竿を振ることが出来たのでよしとしよう。






[PR]
by snowtrout | 2018-03-25 07:30 | Fresh Water 釣行記 | Comments(2)

Fresh Water 渓流05 2017.09.30 天竜川水系

2017年シーズン 本当に最後。

午前中は近所のちょい釣りポイントへ、撃沈。

年券を買っておきながら一回も行く事が出来なかった天竜川水系。

こんな事は初めて、最後に絶対に行こうと決めていた。

午前中、PTA作業を終わらせて速攻で向かう。

いつも通り、この時期はキノコ採りの車や観光客の車釣り人もいるかな。

e0201348_08182435.jpg
自転車を準備、もちろん帰りのため、あるとないとじゃ相当違う。

ゲートからゆっくりと自転車に乗りながら林道を進む。

e0201348_08182486.jpg
ちょっとした登りがきつい、マウンテンバイクの方が本当は楽です。

少し進むと、道の真ん中に大きくて黒っぽい落とし物が!

画像は自主規制、これは相当のサイズ、たぶん熊だろうなぁ。

いつも入渓するポイントをパス、目指すはその上

排水用のU字溝が道を横切っているところで釣り人の足跡

まだ乾いていないから先にいるはず。

カーブを曲がったその先に餌釣師の姿、声をかけると

まだ釣りをしていない様子、先にある滝までどれくらいか聞かれたので

先のカーブを曲がって直線上がって、左手にある事を伝え

しばし話しながら林道を歩く。

神奈川から来られた事や、釣り本のライターをしているとの事

せっかくだから出来れば写真を撮られて欲しいとの依頼

顔が写らない程度ならと言う事で、名刺をいただく

川で名刺をいただくのは初めてだ(笑)

自転車を駐めて、川へ降りる。

水温は11.2℃ちょっと低い、水温はちょうどいい。

後ろからしばらく撮影をされていたが、全く魚は釣れず。

餌釣師ライターさんとはここでお別れ。

魚はいる、でも小さい、新子ばっかり。
e0201348_08182521.jpg
支流が入っている手前のポイントでサイズアップの魚が出るがフッキング出来ず。

もう一度フライを流すとなんと再び顔をだす。

e0201348_08182574.jpg
ようやく撮影できるサイズ、これで一安心。

先行者の足跡も見当たらないが、その後反応は全くない。

秋はあっという間に暗くなるので、深追いせず脱渓しやすい場所から早めに上がる。

e0201348_08182539.jpg
空はまだまだ蒼い、でももう秋風


e0201348_08182630.jpg
林道は暗くなるのが早いので明るいうちに自転車を駐めた場所へ。

帰り道は楽々、30分以上かけて上ってきた道程があっという間。

途中、猿の群れに遭遇、林道脇の斜面から数匹道を渡る。

まだ居るとみた、ホイッスルを吹くと、どどっと10匹くらい

猿の群れをやり過ごし、後は一気に下って出発点に到着。

釣果は1匹とまぁいつも通り、2017年渓流締めくくり

また来シーズン。






[PR]
by snowtrout | 2017-10-01 07:00 | Fresh Water 釣行記 | Comments(4)

Fresh Water 渓流04 2017.09.24 釣りキャン 釣行編

朝はいつもの時間に目が覚めた。

天気は良さそう、目の前の流れも澄んでいる。

本日の釣行は渓を変えて少し移動。

朝食を済ませて、撤収準備の後に全員で集合写真。

ここで ドンタコスさん いぶきちさんとお別れ。

それぞれ車に乗り込み目的地へ

到着した目的地、橋から流れをのぞき込むとかなりの水量。

前日と同じメンバー いわなたろうさん かんりさんと支流へ

対岸の巻きポイントへフライを落とすと、あっさりイワナが顔を出す。
e0201348_21342436.jpg
サイズは小さいけど、”ぼっ”解除の貴重な1匹

前々日と前日に雨が降ったのか、もう20cm水位が低ければ釣りやすい。

いわなたろうさん、かんりさんもぼちぼち魚をかけている様子。

対岸に回り込みここぞと言うポイントにフライを落とすが反応なし

フライに反応して出てきたがUターンをしたちびっ子サイズ

その後、同じ魚が顔を出すことはないが、しつこくフライを落とす。

e0201348_21341675.jpg
少し流すラインを変えたら、ようやくいいサイズが出た。

今回の釣行はタイイングを全くしていなかったので#12のサイズで勝負

やはり少し大きかったかな。

先を進む2人に追いつくべく、堰堤を高巻きしようと上りかけたところ

手を伸ばそうとした先に

e0201348_21341174.jpg
でか、これはアオダイショウ?つかまなくて良かった。

結局登ろうとしていた所からは高巻き出来なかったので結果はOK

e0201348_21343888.jpg
最後にハリガネムシ付きの一本をかけて終了。

サイズも数ものびなやんだけど、やっぱり仲間との釣行は楽しい。

また来シーズンかな。






[PR]
by snowtrout | 2017-09-26 20:45 | Fresh Water 釣行記 | Comments(0)

Fresh Water 渓流03 2017.09.23 釣りキャン 釣行編

待ちに待った楽しみにしていた週末

毎年都合が合わず参加できなかった釣りキャン、やっと参加する事が出来た。

朝4時 諏訪湖のほとりから来た いわなたろうさん を乗せ我が家を出発.

小雨が降る信濃路を走り海を目指す。

夜明けが遅くなってきた徐々に明るくなり途中休憩で休憩して

糸魚川へ入ると姫川から虹が上っている。

高速を降りてコンビニ行くと、ドンタコスさん と いぶきちさん と初ご対面

待ち合わせしていた訳じゃないけど、タイミングぴったり。

e0201348_15444733.jpg
買い物をして一本いっといた瞬間

最終目的地へ、ここで前日から前泊していた 正平さん と初ご対面

雨も降ってきたので、朝食中の正平宅のリビングにお邪魔(笑)

かんりさんご夫婦とワンちゃん2匹も合流。

あれこれ話をしながら ミィさんtroutriverさん の到着を待つ。

目の前の流れ、綺麗な水だが朝偵察をした正平さん曰く無反応とのこと

全員集合したところで釣行開始、4台の車に分かれて入渓点を目指す。

シーズン終盤あちらこちらに釣り人の姿

いわなたろうさんかんりさんと一緒に流れを求めて降下開始(笑)

e0201348_15444749.jpg
魅力的な流れ、期待も高まる。

大場所で魚がたまっていて反応もいいとの情報

早速チャレンジ・・・

1日目、6見切られ1バラし。

反応はあったのにまさかの”ぼっ”

e0201348_15444797.jpg
あははははぁ。

2日目に続く。






[PR]
by snowtrout | 2017-09-25 15:30 | Fresh Water 釣行記 | Comments(0)

Fresh Water 渓流02 2017.09.14 姫川水系

禁漁間近、あと何回釣行出来るか

特に今年は、渓流釣行が少なく今回の釣行で2回目

この時期は必ず行くようになった姫川水系へ

いわなたろうさんと行ってきました。
e0201348_09054457.jpg
秋めいた空は清々しい蒼
e0201348_09053990.jpg
少し多めの水量、先行者いない様子。

釣行開始からしばらくするといきなり魚の反応がよくなる。
e0201348_09052324.jpg
流心からアベレージサイズのイワナが顔を出す。

e0201348_09051821.jpg
2バラし2ヒット、さい先の良いスタートと思われたが、その後が続かない。

大物がいるポイントからも魚が出てくる気配はない。
e0201348_09053174.jpg
昼休憩、河原で蕎麦でも良かったが、この川ではちょっとと言う事でおにぎりを

川を移動して、珈琲を入れて一息入れる。

昨年きた時と比べると、流れが変わってしまっている事に気がつく。

相当叩かれていると思われ、魚もなかなか出てこない。

様子を見にフッと浮いてくるが見切られる。

終盤にさしかかっているので仕方が無いのかもしれない。

結局、午前中の釣果のみで午後は魚をかける事が出来なかった。

もうワンチャンス行けるかなぁ。






[PR]
by snowtrout | 2017-09-15 16:00 | Fresh Water 釣行記 | Comments(4)

Fresh Water 渓流02 2017.07.23 犀川水系

久しぶりの釣行。

前回集合時間に地震が発生し中止にした友人との釣行。

天気は崩れる予報、ひと山上って様子をうかがうことに。

行く予定にしていたポイントはあきらめて別の川へ行くことに。

目的地が近づくにつれて雨はますます強くなる。

入渓地点を探しながら沿線をウロウロしていると

雨天なのに釣り人と思われる車が駐まっている。
e0201348_05444077.jpg
友人が作った竹竿を借りて、出撃。

水温11.8℃ 濁りもなく、活性もあがっているのを期待。

7ftのバンブーロッド、#3のラインがぴったり、普段グラスロッドを振っているが

まったく違和感なく振る事ができる。

魚の活性は

いまいち

小指ほどの魚がフライをつつくがフッキングせず。

やっとこボーズ解除の一匹。
e0201348_05445287.jpg
雨が降る中だったのでネットも出さずと思ったら、友人がネットを出してくれた。

久しぶりのイワナ、と言うか、今シーズン初イワナ。

この後、少し小さいのを1匹追加し、川を移動。

少し下流へ車を走らせ、もう一本様子を見る。

水温は13.8℃、雨はかなりふっている。

周りを木々に囲まれているので薄暗く、フライを結ぶのも一苦労。

魚の反応はおチビのみ。

先行していた友人が突然大声を上げる。

『でかいのが出た!フッキングしなかったけど』と相当びっくり。

これは期待が出来ると思ったが、雨は激しくなるし反応はない。

雨も止みそうにない、無理はせず撤収。

久しぶりに友人と一緒の釣行、やっぱり楽しい。






[PR]
by snowtrout | 2017-07-24 06:00 | Fresh Water 釣行記 | Comments(2)

Fresh Water 本流19 2017.06.24 犀川水系

空梅雨
e0201348_05261660.jpg
何処の川も減水気味

e0201348_05262987.jpg
水温は11.5℃ 5時過ぎからハッチが始まり虫っ化ありあり

いつものランをひと流し、ここは相変わらず反応なし。

次のランは序盤は全くの無反応

多少の雨もあったものの、水位には関係なし、水が少ない。

ここまで減水すると魚達もスレスレ、大物はどこへ?

ランの終わりに近づき、やっと2アタリするもフッキングせず。

やっぱりひと雨ほしい。


[PR]
by snowtrout | 2017-06-25 05:00 | Fresh Water 釣行記 | Comments(0)


メインブログから釣り関連の記事のみピックアップ


by snowtrout

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Fresh Water 釣行記
Salt Water 釣行記
管理釣り場
釣り道具
釣り関係
未分類

最新の記事

Fresh Water 渓流..
at 2018-05-29 17:00
Fresh Water 渓流..
at 2018-05-28 18:00
Salt Water 日本海..
at 2018-04-14 23:00
Fresh Water 渓流..
at 2018-04-01 20:00
Fresh Water 渓流..
at 2018-03-25 07:30

最新のコメント

> troutriver..
by snowtrout at 05:42
迷わずキン玉ニンフを結ぶ..
by troutriver at 23:26
> KIDさん まだ本..
by snowtrout at 05:45
てぃこまさん 無事..
by KID at 17:35
> KIDさん 今回持..
by snowtrout at 21:42
2017シーズン、大変お..
by KID at 22:38
> troutriver..
by snowtrout at 15:52
今あるチャリンコは折畳ん..
by troutriver at 00:33
> KIDさん 今シー..
by snowtrout at 05:20
てぃこまさん、こんにちは..
by KID at 17:20

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 10月
2017年 09月
more...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

釣り
アウトドア

画像一覧