タグ:天竜川水系 ( 34 ) タグの人気記事

Fresh Water 渓流05 2017.09.30 天竜川水系

2017年シーズン 本当に最後。

午前中は近所のちょい釣りポイントへ、撃沈。

年券を買っておきながら一回も行く事が出来なかった天竜川水系。

こんな事は初めて、最後に絶対に行こうと決めていた。

午前中、PTA作業を終わらせて速攻で向かう。

いつも通り、この時期はキノコ採りの車や観光客の車釣り人もいるかな。

e0201348_08182435.jpg
自転車を準備、もちろん帰りのため、あるとないとじゃ相当違う。

ゲートからゆっくりと自転車に乗りながら林道を進む。

e0201348_08182486.jpg
ちょっとした登りがきつい、マウンテンバイクの方が本当は楽です。

少し進むと、道の真ん中に大きくて黒っぽい落とし物が!

画像は自主規制、これは相当のサイズ、たぶん熊だろうなぁ。

いつも入渓するポイントをパス、目指すはその上

排水用のU字溝が道を横切っているところで釣り人の足跡

まだ乾いていないから先にいるはず。

カーブを曲がったその先に餌釣師の姿、声をかけると

まだ釣りをしていない様子、先にある滝までどれくらいか聞かれたので

先のカーブを曲がって直線上がって、左手にある事を伝え

しばし話しながら林道を歩く。

神奈川から来られた事や、釣り本のライターをしているとの事

せっかくだから出来れば写真を撮られて欲しいとの依頼

顔が写らない程度ならと言う事で、名刺をいただく

川で名刺をいただくのは初めてだ(笑)

自転車を駐めて、川へ降りる。

水温は11.2℃ちょっと低い、水温はちょうどいい。

後ろからしばらく撮影をされていたが、全く魚は釣れず。

餌釣師ライターさんとはここでお別れ。

魚はいる、でも小さい、新子ばっかり。
e0201348_08182521.jpg
支流が入っている手前のポイントでサイズアップの魚が出るがフッキング出来ず。

もう一度フライを流すとなんと再び顔をだす。

e0201348_08182574.jpg
ようやく撮影できるサイズ、これで一安心。

先行者の足跡も見当たらないが、その後反応は全くない。

秋はあっという間に暗くなるので、深追いせず脱渓しやすい場所から早めに上がる。

e0201348_08182539.jpg
空はまだまだ蒼い、でももう秋風


e0201348_08182630.jpg
林道は暗くなるのが早いので明るいうちに自転車を駐めた場所へ。

帰り道は楽々、30分以上かけて上ってきた道程があっという間。

途中、猿の群れに遭遇、林道脇の斜面から数匹道を渡る。

まだ居るとみた、ホイッスルを吹くと、どどっと10匹くらい

猿の群れをやり過ごし、後は一気に下って出発点に到着。

釣果は1匹とまぁいつも通り、2017年渓流締めくくり

また来シーズン。






[PR]
by snowtrout | 2017-10-01 07:00 | Fresh Water 釣行記 | Comments(4)

Fresh Water 渓流14 2016.08.15 天竜川水系

どれくらいぶり?地元の川へ来るのは凄く久しぶり

今回は時間の関係で、ホームグラウンドまでは足を運ばず

イメージ 1

イモリの川へ

下流か、上流か悩みながら上流へ向かう

車を駐める場所までは釣り人の姿もなく、いつもは一旦下がってから入渓

今回は久しぶりに釣り上るコースを選択して川へ降りると走る良型の魚影

お盆休みでそうとう叩かれていると思う

イワナの率が高いけど、アマゴもいるこの流れ、アマゴ好みのポイントにフライを落とす。

いきなりのライズ、あわせられず。

反応が良かったのは入渓地点だけ、上流からアスファルトが濡れる雨の匂いが

見上げた空はまだ雨が落ちてきそうな感じではない。

イメージ 2

蝶の大群、給水場所になっているようでこの倍の数がいた。

反応も悪いし、次のカーブを曲がったら脱渓しようと決めていた。

時々フッキングすらしない小さな魚が顔をだす。

イメージ 3

魚をかけることはできなかったが、ここはいつ来ても魚影が濃く魚の姿を見る事ができる。

脱渓点、雨が落ちてきた そうとうの勢いでまるでスコール。

車までの道は木々に囲まれているので濡れる事なく戻ることが出来た。






[PR]
by snowtrout | 2016-08-18 06:00 | Fresh Water 釣行記 | Comments(0)

Fresh Water 渓流1 2016.04.10 天竜川水系

実家へ届け物があり地元へ

前日も実家へ来ていたので、河川の状況は分かっていた。

そろそろ濁りは抜ける頃、比較的暖かいから下流のポイントが狙い目

よく考えれば今シーズン初めての渓流

お目当のポイントへ、車が2台止まっている。

準備をしていると近所のおじさんが散歩にやってきてしばし会話を交わす。

上流にフライマンが1人いたので、下流へ歩き川へ降りる。

イメージ 1

今回の目的は、友人から借りてきた竹竿を振る事

初めての竹竿、カーボンやグラスに比べると重いと聞く事が多いけど

全くそんな事もなく、何も考えず、いつも通りにキャスティング出来る。

魚がかかったら楽しいだろうな。


イメージ 2

濁りは抜けて、水量が多いのでポイントは少なめ、更にアマゴの川

そう簡単に魚がかかる訳もなく、あっという間に車の場所まで到着

上流にいたフライマンがこちらへやってきたのでしばし情報交換。

県外から来たと言うテンカラ師も交わり、ドライよりニンフがいいとの事

それでもニンフは結ばない、と言うよりニンフは持ってないし。

まぁ渓流もこれからですねぇ。






[PR]
by snowtrout | 2016-04-11 23:00 | Fresh Water 釣行記 | Comments(0)

Fresh Water 渓流 2015.08.16 天竜川水系

朝練

お盆休みでどこも人だらけ、わかっているけど川へ短時間で釣りができる場所

イモリの川へ車を走らせる。

道からすぐ川があるため、簡単に川へ入れる。やっぱりそのせいで魚たちもかなりすれている。

イメージ 1
車を駐めて、少し下流へ歩き入渓する。足元を走る魚は全て超チビ達。

フッキングしないように#12のフライを結んで流れへ、案の定ライズはするが、フッキングしない。

イメージ 2

ロングキャストで狙うも反応はない。

唯一フッキングした魚は、あわせた時に真上にあった木を避けた為フッキングが甘く

フッキング後ロットを曲げながら上流へ走られフックアウト

それっきり魚の反応はなく撤収となりました。

まぁ魚の姿を見れたのでよしとします。






[PR]
by snowtrout | 2015-08-16 13:00 | Fresh Water 釣行記 | Comments(2)

Fresh Water 渓流 2015.08.11 天竜川水系

ホームリバーのパトロール

本日は、少しゆっくりでも朝から渓へ向かう。

駐車スペースには一台車が駐まっている。

釣り人だと思うが、まぁ気にしない。

自転車を下ろし、準備をしてゆっくりと林道を上がる。

順調に入渓点まで到着、自転車を木に縛り付けて

イメージ 1


川へ降りて、準備をする。

フライを結んで、キャストするといきなりアベレージサイズ。

先行者は何処から入ったのか、小さいが数が出る。

前日と全く同じコースを釣り上がる。

倒木が川に覆い被さるポイントへ、ピンポイントでフライを落とす。

ゆっくりと、魚がフライを吸い込む

明らかにデカイ、これまでかけてきた魚の比では無い。

あわせると、ロットがグッとしなる。

倒木にラインを絡ませないように、注意しなが魚を寄せる。

流心を挟んでいるため寄せる為に流心へ魚を入れる。

一気に下りだす。

慌てずラインテンションを保ちながら下ると石の下に逃げ込む。

一瞬、テンションがなくなった気がしたが、まだ魚はかかっている。

慎重に引きずり出して、流れの緩いところでランディング。

イメージ 2


下顎が若干しゃくれた魚体、泣尺だけど価値がある一匹。

初っ端に出たのでそのまま撤収でもよかったが、せっかくなので続行。

その後もポツポツ数は出るが、サイズは伸びず。

前日同様にバラシを入れたらダブルつ抜け。

しっかり楽しませてもらった。

帰りは楽々の下り、駐車スペースまで10分

片付けをしていると、山梨ナンバーの親子

少し話しをして川を後にした。






[PR]
by snowtrout | 2015-08-11 17:00 | Fresh Water 釣行記 | Comments(0)

Fresh Water 渓流 2015.08.10 天竜川水系

実家で避暑

正確に言うと、地元のホームリバーで水遊び。

イメージ 1


今回の相棒、20年くらい前のポンコツ

少しずつ手を加えてなんとか実用できるようになった。

タイヤが通勤仕様のノーマルなので、少々難はあるけど

折りたたみより、タイヤサイズが大きいのはうれしい。

いつもは自転車を降りて上がる坂も、今回は降りることなく上がれる。

入渓時間が午後なので、先行者はいるはず。

自転車を駐めて川へ降りる。

今期初めてのウエットウェーディング、自転車をこいだ足が冷却される。

久しぶりの区間、入渓点に先行者の跡もなく意外と爆釣かも

なんて、淡い期待をしてロットを振る。

イメージ 2


反応は直ぐに、アベレージサイズ

その後もポツポツ、小さいながら数が出る。

途中、先行者の跡があり反応もなくなってきた。

それでも、竿抜けしていそうなポイントへフライを流す。

イメージ 3


サイズはいまひとつ、でも綺麗な一匹

時計に目をやると16時前、さすがに山を下りないと。

相棒の待っている場所まで歩いて、一気に林道を下る。

新しく敷き詰められた砂利がフロントタイヤをもっていく。

細いタイヤだからなおさら、慎重にスピードコントロール

車までは10分で到着

途中から数えるのが面倒になったが、バラシを入れたらダブルつ抜け

楽しいひとときを過ごすことができた。






[PR]
by snowtrout | 2015-08-11 06:00 | Fresh Water 釣行記 | Comments(0)

Fresh Water 渓流 2015.07.25 天竜川水系

地元の川へパトロール。

13時過ぎに現着、すでに先行されている事は間違いない。

暑いから水に浸かれればそれでいい。

イメージ 1



そんな気持ちで準備をして、入渓点を目指して歩き出す。

ブーツフットのウェーダしか積んでなかったのでかなり暑い。

途中で、フライマンとすれ違い、入った場所を聞くと自分が入る手前との事

再び入渓点を目指して歩き出すと、今度は自転車の2人組が降ってくる。

話を聞くと相当上の方へ入ったとの事、これはもしかしてお目当てのポイントは空いている。

入渓点でキノコを見つけたが袋を持っていないので持ち帰られず。

川まで降りると、意外と水量が多く期待が増してきた。

そう、この時間帯、自分的にはゴールデンタイム、一番魚が出ると思っている。

イメージ 2


普段は魚が出ないが、魚が着きそうなポイント

いきなりここで魚が出たり、しかしこちらの心構えが

イメージ 3


それでもアベレージサイズがフッキングして幸先のいいスタート

その後もしつこくフライを流すと魚が出る出る。

イメージ 4


面白いくらい出る

反応がメチャクチャ良くて、思っとところにかならず魚がいる。

イメージ 5


普段はあまり流さないポイントからも出る。

夕飯のBBQの買い出しもあるので、チョイ釣りでのつもりが

予定していたコースの1/3くらいのところでお腹いっぱい。

バラシを含めると、軽くつ抜けしていた。

ちょっと大きめで細軸のバーブレスだったのでフッキングしない時と

フッキングしたのにランディング中にバラすケースが多かった。

短時間でこれだけ魚を見る事が出来たので大満足

やっぱりゴールデンタイムタイムなのです。
[PR]
by snowtrout | 2015-07-26 15:00 | Fresh Water 釣行記 | Comments(4)

Fresh Water 渓流 2015.06.14 天竜川水系

本流はお休み

ほたる祭りへ行くために実家へ、そのまま泊まり

朝はいつもより少し遅い出撃、地元のホームグラウンドへ

先行者の姿は無さそう、車を駐めて歩いて入渓点を目指す。

イメージ 1


今シーズン初めて入るホームグラウンド

あちらこちら崩れた跡がみうけられる。

早朝はあまりコンディションが良くないのはわかっているが

チョイ釣りショートコースへ

イメージ 2


ここ数年入渓地点の様子は変わらない。

いつもの事だけど入渓してしばらくは釣れないです。

足早に釣り上がり、ここぞと思うポイントへフライを落とすが反応なし

イメージ 3


上流から泳いできた春蝉を救出

動物の足跡しかないので先行者はいないはず

やはり腕が悪いか。

イメージ 4


ボーズ解除の一匹目はこのサイズが

昔は、魚が逃げていく姿をよく見たがここ数年は全く

確実に魚の数が減っている気がする。

かかる魚はおチビサイズ

ようやくいいサイズがかかったのに撮影前に逃亡

バラシを含むとそこそこの釣果、いつもの脱渓点より少し上流まで

帰りの林道を歩いていると、入渓点で複数のエンジン音、多分チェーンソウ

4~5人で作業をしているようだが、人の姿は見えない。

次回はどこへ入ろうか。






[PR]
by snowtrout | 2015-06-15 06:30 | Fresh Water 釣行記 | Comments(0)

Fresh Water 渓流 2015.05.17 天竜川水系

午前中は家族サービス

木曽までほうば巻きを買いにドライブ、足湯に入って木曽川を眺める

魚が付いていそうな大岩、う~ん釣りに行きたい。

権兵衛トンネルを抜けて一気に伊那谷へ、実家へ届けながら顔をだしに。

もちろん、地元のパトロールも兼ねて

イモリの川、ショートコースへ

日曜日の午後、一通り叩かれているのと、GWにかなり抜かれているのか

全く反応なし

イメージ 1


気温も上がっているので瀬も探りながら

1時間弱の釣行時間、めだかサイズの魚は見たけど誰の子供か不明

次回は、もう少し時間が欲しい。






[PR]
by snowtrout | 2015-05-19 05:45 | Fresh Water 釣行記 | Comments(2)

Fresh Water 渓流 2015.04.26 天竜川水系

久しぶりに実家にお泊まり。

いつも通りに目が覚めて、外の様子を伺う。

天気は良さそうだ。

朝練は渓流だとちょっとまだ厳しい、水温もまだまだ。

TVを見ても、ニュースがやっているわけもなくしばらくぼ~と過ごす。

朝食後、子供達はババと嫁さんと公園へ、それならホームのパトロールへ

どっちの川へ行こうか、迷った挙句イモリの川へ様子を見に

イメージ 1


気持ちのいい蒼空に心地の良い気温

お目当てのポイントに到着、車が一台駐っている。

下流へ歩いて、入渓できる場所を見つけて川へ降りる。

普段より水量は多いが釣行出来るレベル、ドライフライを結んで

魚が付いていそうなポイントへフライを落とす。

全く、反応はない。

イメージ 2


鹿の足跡以外に足跡はないから先行者はいないはず。

いろんなポイントにフライを流すが、反応は全くない。

水温は10℃、テイルの長い虫が沢山飛んでいるがライズすらない。

フライを変えて流れに流すと、フライを追いかける魚の姿。

それっきり、魚の姿を見ることもなく撤収となりました。






[PR]
by snowtrout | 2015-04-26 17:30 | Fresh Water 釣行記 | Comments(4)


メインブログから釣り関連の記事のみピックアップ


by snowtrout

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Fresh Water 釣行記
Salt Water 釣行記
管理釣り場
釣り道具
釣り関係
未分類

最新の記事

Fresh Water 渓流..
at 2017-10-01 07:00
Fresh Water 本..
at 2017-09-30 08:00
Fresh Water 渓流..
at 2017-09-26 20:45
Fresh Water 渓流..
at 2017-09-25 15:30
Fresh Water 渓流..
at 2017-09-15 16:00

最新のコメント

> KIDさん 今回持..
by snowtrout at 21:42
2017シーズン、大変お..
by KID at 22:38
> troutriver..
by snowtrout at 15:52
今あるチャリンコは折畳ん..
by troutriver at 00:33
> KIDさん 今シー..
by snowtrout at 05:20
てぃこまさん、こんにちは..
by KID at 17:20
> ぴょん吉さん 確か..
by snowtrout at 06:11
誘ってくれたら行ったのに..
by Pyonkichy at 06:35
> troutriver..
by snowtrout at 20:34
おお、カーディナルいいな..
by troutriver at 17:38

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

釣り
アウトドア

画像一覧