<   2017年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Fresh Water 本流14 2017.05.27 奈良井川水系

前回釣行からかなり日が開いてしまった。

イメージ 1
平日に雨も降っているが、思ったより水量が増えていなかった。

水温は13.5℃、そろそろ瀬に魚が出だす頃だろうか。

水量が少ないので流心も岸寄りになっている。

今回の釣行時間は1時間くらい、ピンポイントに1ヵ所が限界だろうか。

少しずつ釣り下り、反応を見るがまったくの無反応。

タイムアップ。

もういい加減、渓流へスイッチしよう。






[PR]
by snowtrout | 2017-05-28 17:00 | Fresh Water 釣行記 | Comments(2)

Fresh Water 本流13 2017.05.14 犀川水系

早朝から地区の作業でグラウンドの草取り

朝練に行ってから向かおうと考えていたけど6:30集合なので

それほど時間がとれないので見送り、作業は1時間くらいで終わったので

様子を見に、一番近いポイントへ。

前日の雨で増水、濁りが残っていると心配していたが

濁りはそれほどでもなく、水量が普段の30cm増しくらい

準備をして、川へ降りると、いつもの場所では水量が多く入れない。

少し移動して、川へはいる。

イメージ 1
これだけの水量、当然魚の付いている場所も変わっているはず。

普段のポイントとなる場所は激流になっているので岸よりにミノーをトレース

5投目くらい、トゥイッチングするとグッとアタリが

そのままフッキングして、強い流れの方に走る出す。

ジャンプはせず、上流へ走るのから、おそらくブラウンじゃないかな

寄ってきそうにないので少し下流へ下りながら魚との距離を詰める。

魚の姿が一瞬見えた、黄色っぽい。

先日修理したランディングネットを出して魚を取り込む。

取り込んだまでは良かったが、増水で撮影する場所がまったくない。

イメージ 2
40cmのブラウン、川から上がり撮影しようとしたところで逃走。

まだまだおいしいポイントもあるが、この一本でとりあえず撤収。

実釣時間20分、釣れただけよしとしよう。






[PR]
by snowtrout | 2017-05-14 15:00 | Fresh Water 釣行記 | Comments(2)

Salt Water 日本海02 2017.05.07

リベンジ!

24時間で2往復目

雨で全く釣りにならず、手のひらサイズのヒラメのみで帰宅後

道具を片付け終わりしばし休憩。

ちょっと早い夕食(兼昼食)を食べ終わりそのまま寝落ち。

どうしても不完全燃焼のまま、翌日の天気は晴れの予報。

少し悩んだ結果、再び海へ

給油や食料品の調達で少々出発時間が遅くなってしまった。

途中の釣具屋でコマセを買って、ポイントに付いたのは0時前

ちょうど空きスペースがあったので入れてもらい準備をする。

投げで型のいいアジが釣れていたが、すぐに釣れなくなってしまった。

明け方まで少し仮眠をとって様子をうかがっていたが釣れる気配はない。

青物用のタックルに持ち替えて歩いてポイント移動

入ろうと思っていたポイントは先客が2名、少し奥に陣取り、ジグをキャストする。

向かい風が強くて飛距離が伸びない、カウントダウンを行ってからハンドルを回す。

手前に来ると表層をトレースしてしまうので少しだけスピードを落とす。

何投目だろうか?アクションを加えた瞬間グゥンとアタリが

あわせるとグッとロッドが絞られる。

青物の引きとはちょっと違う、これはもしかして。

徐々に浮き上がってくる魚体は平べったい、やっぱり奴だ。

ネットを準備して、落ち着いてランディング。

イメージ 1
間違いなくこれまでかけた事のあるヒラメの自己新記録。

55cmオーバーの大物を仕留めることができた。

肝心の青物は先客の方にはヒットしているがこちらはまったく。

本隊も気になるので、いったん戻ることに

風はますます強くなる一方、アジも全く釣れる気配もないので撤収。

アジは何処へ行ってしまったのか?






[PR]
by snowtrout | 2017-05-07 14:50 | Salt Water 釣行記 | Comments(4)

Salt Water 日本海01 2017.05.06

このところ青物の調子がいい

そんな情報を聞いていたので行きたくてウズウズしていましたが

なかなか時間が取れず、ようやく様子を見に行くことができました。

出発は2:00過ぎ、とりあえず糸魚川方面へ車を走らせて

24時間営業の釣具屋でサビキとコマセを買いファミリーフィッシング向けの場所へ

イメージ 1
天気予報では、午後から雨が降る予報、それまでの勝負かな。

サビキを準備し、子供達の竿を2本出す。

海底までしっかり見えるが魚の姿は、フグとカワハギくらい

釣り人も少ないので期待は出来ない。

青物狙いでジギングのタックルを準備して、近くの砂浜へ徒歩で移動

イメージ 2
ジグをキャスティング、結構飛んでるように見えてどれくらいの飛距離か?

ナブラも起こる事も無く、ひたすらキャスティングを繰り返す。

一緒についてきた次女と一緒に石拾いをして、キャスティングして

何投目か?一瞬ロッドに生体反応が、合わせを入れるとぐっと手応えが

でも、ゴミが引っかかっている感じにも思われ。

引き寄せたジグには何か付いている。

よく見ると魚。

イメージ 3
手のひらサイズのヒラメ、ちょっと小さすぎるなぁ。

迷わずリリースして、またしばらくキャスティングを繰り返す。

時よりパラパラと雨が音を立てて降っては止み、不安定な天気。

東側の雲が低くなり暗い雨雲が近づいてくるのが見える。

そろそろ本降りになりそうだなぁと考えながら思いっきりキャスティング

次の瞬間、ロッドからビリビリと右手に電気が走る。

静電気?鳥取時代に経験した事があるが、そのときとロッドは違う物

始めはピリピリとした感じだったが、次第にバチバチと音を立てて

右手に感じる痛みも激しくなり、ジグが着水しているのに

ロッドを触るとバチバチと音を立てて、これまでにない強い感触。

これはちょっと異常事態、程なくして大粒の雨が落ちてきた。

激しい雨となってきたので、車のある場所まで避難。

雨は降ったり止んだりを繰り返す。

サビキの方には全く魚っけが無いので移動することにし

上越方面へ車を進める。

途中の漁港や、釣りポイントの人気はまばら、釣れてる様子もない。

上越のいつものポイントへ到着したが、釣り人は少ない。

車を横着けして少しだけサビキを垂らしてみたが、全く反応なし。

これ以上待っても雨も止みそうにないし、魚も回っている感じもないので

ここは潔く撤収することとした。

でもこのままでは、不完全燃焼。

次は何時来ようか。




[PR]
by snowtrout | 2017-05-06 16:30 | Salt Water 釣行記 | Comments(0)

タイイング合宿2017春

久しぶりのアジトへ集合。

いつものごとく、子供連れのため釣行は参加できないので買い出しからスタート

定番のメニューの材料を調達、が、大事なニンニクが売っていない。

品切れって?何かTVで取り上げられた?

五一わいんの一升瓶と、地酒もチョイス。

一足先にアジトに到着、もちろん中には入れません。

少し辺りをうろついていると釣行部隊の到着、無事合流となった。

今回は会社の先輩からいただいたコシアブラを天ぷらでいただくべく持参

イメージ 1
まずはいつもウコンドリンクで乾杯すると

すぐにビールを『腐ったらいけないので』

イメージ 2
信州に乾杯!信州づくりを用意いたしました。

イメージ 3
ぴょん吉さんが差し入れてくたワイン『岩の原葡萄園 深雪花(みゆきばな)』

樽熟成されているのがよくわかる味がたまりません。

イメージ 4
いわなたろうさんが仕入れてきてくれた猪肉の鍋にワインがベストマッチしたのナンノ

味噌仕立ての猪鍋は、後半で投入したうどんも味がしみこみとても旨かった。

そして春の味

イメージ 5
フキノトウの天ぷらはカラッっと揚がって、ほろ苦さがまた酒にあう。

イメージ 6
コシアブラ、これもまたカラッと揚がっていて旨かった。

さらに定番の

イメージ 7
バケットを買い忘れるという失敗を犯しましたが、いつもながら旨い。

お酒はまだまだあります。

イメージ 8
troutriverさんが差し入れてくれた『神亀酒造 仙亀にごり酒 かるくいっぱい』

アルコール度数が通常の日本酒と比べると低い印象を受けたが飲みやすい一本。

イメージ 9
『神亀酒造 神亀 山廃純米ひやおろし』これがまた、たまりません。

今回から導入したWiiUのカラオケセットで歌ったり、本題であるタイイングをしたり

気がつけば午前3時を回ってしまった。

結局タイイングはしないまま合宿を終えたのは内緒です。

いやぁ楽しかった。

ご一緒していただいた皆さんに感謝です。






[PR]
by snowtrout | 2017-05-05 20:00 | 釣り関係 | Comments(0)

Fresh Water 本流12 2017.04.29 奈良井川水系

気がつけば、4月も終わりに

思うように時間が取れず相変わらずの1時間位のちょい釣り

時間があれば下流域の大河へ行きたいが、移動時間を考えるとやっぱり近場

このところよく入っているポイントへ

イメージ 1
完全に濁りも無くなり水位も戻りつつある。

イメージ 2
水温は8.5℃ 悪くはないコンディション。

対岸にルアーをキャストして、トゥイッチングを繰り返す。

時より反応があるが、流れてくるゴミなのか?

全くと言うほど生命反応なし。

いよいよ5月、これからに期待。





[PR]
by snowtrout | 2017-05-01 05:30 | Fresh Water 釣行記 | Comments(0)


メインブログから釣り関連の記事のみピックアップ


by snowtrout

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログパーツ

カテゴリ

全体
Fresh Water 釣行記
Salt Water 釣行記
管理釣り場
釣り道具
釣り関係
未分類

最新の記事

Fresh Water 本流..
at 2017-08-17 16:30
Fresh Water 本..
at 2017-08-15 06:00
resh Water 本流2..
at 2017-08-14 08:30
Fresh Water 渓流..
at 2017-07-24 06:00
Fresh Water 本流..
at 2017-06-25 05:00

最新のコメント

> troutriver..
by snowtrout at 14:31
てぃこまさん降られること..
by troutriver at 23:51
> troutriver..
by snowtrout at 21:44
いわなたろうさんによれば..
by troutriver at 10:53
> Pyonkichyさ..
by snowtrout at 18:21
1枚だけでも写せて良かっ..
by Pyonkichy at 23:35
> KIDさん しっか..
by snowtrout at 05:20
素晴らしいヒラメ!リベン..
by KID at 09:08
> troutriver..
by snowtrout at 18:36
先週はお世話様でした! ..
by troutriver at 13:51

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

タグ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

釣り
アウトドア

画像一覧